レビュー

長距離ツーリングで疲れない為に毎回500㎞以上走る僕が【3種の神器】教えます

あそこに行きたい、あっちにもこっちも行きたい~

ツーリングしてたら、いろんなところに行きたくなりますよね!

1日の走行距離

300㎞→400㎞→500㎞→600㎞??→700㎞???→800km???(下道だよ!GWの帰り道:福岡~和歌山800km走っちゃいました

距離は自然と段々のびて長距離ツーリングがいつ間にか超長距離ツーリングになっていきますよね。

限られた時間で出来るだけバイクを楽しむ為に

僕のツーリングはいつも500㎞オーバーが当たり前です。

そんな長距離ツーリングばっかりしてたら1年間で走行距離が36,000kmになってしまいました・・・

そんな1年に何十回長距離ツーリングしてる僕が

長距離ツーリング時に絶対必須のカスタムパーツを3つ紹介していこうと思います。

この3つのカスタムパーツがあれば、あなたも距離ガバライダーの仲間入りです。

風は友達?敵ですよ!ウィンドウシールドで防ぐ

ウィンドウシールドの効果は半端ない

バイク乗りの一番の疲労の原因がです。

直接風が体に当たるのと、ウィンドウシールドで風を遮り体に直接当たらないようにするのでは疲労の溜まり方が驚くほど差が出てきます。

高速使わないし下道しか走らないので、ウィンドウシールドとかいらないよ!

って思うかもしれませんが60㎞ぐらいでも全然違いますよ。

冬場などでは、直接風が当たらないことにより防寒の効果も期待できますね、体の冷えは疲労の原因の一つにもなるので重要です。

風は友達じゃないんですよ・・・バイク乗りにとっては切っては切り離せない一番の敵といっても過言ではないでしょう。

僕の400xはノーマルでかなり大きめのウィンドウシールドがついていました。

追加のカスタムなしで防風効果を最初から体感しているので

昔は、あんまり風を遮るウィンドウシールドがどれだけ疲労軽減に役立つかわかってなかってませんでした。

一度なんとなくウィンドウシールドを取り外して走ってみたんですけど、いつもは500㎞は走るのに最終的に50㎞も走れず疲れすぎて帰宅することになりました・・・ウィンドウシールド無しでは普段の10分の1しか走れませんでした。

大体のバイクに小さいものから大きいものまでいろいろあるので自分のバイクにあったやつを選びましょう。

ウィンドウシールドの上部にちょい足しするカスタムパーツとかもあります。

一番体重がかかるあそこをゲルザブシートで快適

ゲルザブでお尻を保護

バイク乗車時はあたりまえですが、ずっと座ってます。

嫌でも体重が一番かかってしまうお尻の負担が大きくなります。

500km近い長距離ツーリングになればお尻に溜まった疲れは疲労を通り越して痛みになって体中の疲労と痛みになってしまいバイクに乗るどころじゃなくなってしまいます。

そうなってしまう前に、シートにクッション性が高くなるようにカスタムパーツを装着しましょう

僕は、ゲル内臓バイク用クッション【ゲルザブ R バイクシート】を装着しています。

このゲルザブシートをおオススメする点はいっぱいあります。

  • 取り付け簡単・・・マジックテープでシートに巻き付けるだけ
  • 振動軽減・・・バイクからの振動が軽減されます
  • 尻圧分散・・・ゲルがお尻を包み込むように広がるので圧が分散されます
  • 足つき良好・・・ゲルの厚さが12㎜しかないので足つきに影響しない
  • 滑らない・・・難滑性レザーのレザーが尻位置を維持してくれます

まさに、もっと遠くへもっと楽しみたい!長距離ツーリングしたい人向けの神アイテムです。

手の疲れはスロットルアシストつけるだけで大丈夫

スロットルアシストで振動軽減

グリップを握って無意識の内に行っているアクセルワークは結構つかれます。

グリップから伝わるバイクの振動で、手はいつの間にか疲れているものです、

手の疲れは腕に伝わり→腕の疲れは肩に伝わり→肩の疲れは首に伝わり→首の疲れは頭の疲れに・・・といった感じで疲労は伝染していき、伝染した疲れはなかなか解消されません。

そういった時に、グリップからの振動を軽減するために、しっかり握らなくてするようにする【スロットルアシスト】というカスタムパーツがあります。

簡単に取り付けることができ、価格も1000円前後のめっちゃおすすめのカスタムパーツになります。

スロットルアシストを装着すれば、グリップをしっかり握る必要はなく

グリップにそっと手を添えるだけでアクセルワークをすることが出来るようになります。

スロットルアシスト装着のコツは、上げめの角度で装着したらアクセル回さないときでも手を添えるだけでアクセル入っちゃうので下げめの角度で装着したほうがいいです。

バーエンドヘビーウェイトは効果は少ない

ちなみにハンドル周りのカスタムで他にも疲労軽減の効果があると言われてる方法があります。

ハンドルバーエンドを重めのやつに変更して、ハンドルの微振動を吸収することにより手の疲れを軽減する方法もありますが、あんまり効果はありません。

僕も昔バーエンドを重めのやつに変更するカスタムパーツを装着しましたが、装着してた時と装着してない今で疲労具合は変わらないです。(事故ってバーエンドが折れたので外したので気づいた

まとめ

長距離ツーリングを快適なツーリングにするには

あたりまえですが、如何にして疲労を溜めないようにするかに尽きます。

ウィンドウシールド風からの疲労を軽減

ゲルザブシートスロットルアシストでバイクからの振動疲労を軽減します。

一番効果があるのはウィンドウシールドを装着する事ですが、バイクのスタイルも変わるしちょっと・・・って思う人は

工具も無しで手軽に装着できる、ゲルザブシートスロットルアシストだけでも試しにやってみてください。