レビュー

【HenlyBegins:DH-710】日帰りツーリングに最適なシートバッグレビュー

ライダーの悩みの一つは、バイクは収納力がないので荷物をどうするかだと思います。

だからといって体に身につけるようなリュックを背負ったりすればライディングに影響が出るし、時間が立てば肩や腰に疲労がたまり痛みを発するようになってくるので避けたいですよね。

そこでタンクに装着するタンクバックか?シートに装着するシートバックか?が選択肢に上がると思います。

今回は、日帰り用途に最適な、「HenlyBegins DH-710」シートバックの紹介をしていこうと思います。

DH-710基本情報

商品名HenlyBegins DH-710
素材合皮&1680Dナイロン
価格8000~9000円
大きさ底部縦280×底部横235×高さ145(mm)
容量7L

DH-710をオススメする7つの理由

DH-710 容量は7L!最適容量!

容量が大きいに越した事は無いですが、容量が大きくなるにつれ乗り降りに邪魔になったり見た目がデカくなり、バイク全体のスタイルが崩れてしまうで、DH-710の容量7Lはギリギリの許容範囲内だと思っています。

DH-710は日帰りシートバッグの中でも容量も可変せず、小さい方だと思います。

KumaX
KumaX
でも、僕はHenlyBegins DH-710に満足してるよ

この容量でも日帰りツーリング用の9個のアイテムは全部入るので

  1. 財布
  2. コンパクトデジタルカメラ
  3. ミニ水筒
  4. 緊急工具
  5. 緊急補修テープ
  6. タオル
  7. 100城スタンプブック
  8. ミニリュック
  9. 除菌シート
HenlyBegins DH-710シートバッグに入れる荷物一覧

 

 

 

 

 

 

 

DH-710 収納時

HenlyBegins DH-710シートバッグに荷物を入れた感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

KumaX
KumaX
これだけ入れば十分でしょ?
日帰りセットがHenlyBegins DH-710にぴったり

DH-710 低めなデザインがスマート!素敵!

DH-710の後ろに向けて少し下がっている、低めなデザインでスタイルを絶妙に崩さないので。
小型~大型バイク、SSだろうとクラシックだろうと主張しすぎないスマートな感じがバイク全体が引き締まって見えて幅広いバイクに合わせれます。

HenlyBegins DH-710シートバッグを400xに取り付けた見た目

 

 

 

 

 

 

 

KumaX
KumaX
HenlyBegins DH-710カッコイイ!いろんなバイクに合わせやすい!

DH-710 バンジーコードが汎用性抜群!

DH-710 の上面についているバンジーコードが地味に便利なんですよね。

例えばバイクを降りた時に、そのまま置いたら風とかで落ちちゃったりするグローブとか簡単に挟んだりできたり。
DH-710のバンジーコードは割と伸びてしっかり止まるんで、停車時の荷物止めとして汎用性高くて便利です。

HenlyBegins DH-710シートバッグのバンジーコードにグローブを挟んだ見た目

 

 

 

 

 

 

 

KumaX
KumaX
バンジーコード地味だけど、無かったら結構困る

DH-710 余ったベルトはまとめてスッキリ

これ系のベルトで締めるタイプでいつも気になるんですけど、余ったベルトがヒラヒラだらしなくたれてバタついてダサいし気になるんですよね。

DH-710はそんなことまでよく考えられていて、余らせているベルトをまとめれて、見た目が良くなるだけにじゃなく戻りズレにくくなってと細かい所ですが効果デカイです。

HenlyBegins DH-710シートバッグのベルトをまとめた見た目

 

 

 

 

 

 

 

KumaX
KumaX
イギリス人の見た目にもこだわる感じ?
HenlyBegins DH-710に詰まっている?

DH-710 仕切られた内側収納が便利

DH-710内部のネットで仕切られた内側収納が便利なんですよね、バラつきやすい小物を入れてます。
大体僕は、財布や除菌シートとか入れてます。

HenlyBegins DH-710シートバッグの内側収納

 

 

 

 

 

 

 

 

KumaX
KumaX
HenlyBegins DH-710のこういった細かい仕様が良いい!

DH-710 のジッパーには鍵をつけれる

盗難はたぶんないけど・・・いたずらとかあるかも?って気になる人向け
DH-710はジッパーを締めたときに鍵をつけれるように穴が重なるようになっているので盗難の心配をする人にはオススメです。

HenlyBegins DH-710ジッパー
KumaX
KumaX
HenlyBegins DH-710は盗難対策まで考えられている!

DH-710 専用レインカーバー専用収納場所もあり!

DH-710専用レインカバー専用の収納場所もあるんです、容量が少ないシートバッグにありがちなんですけど、レインカバーはついてるけど、専用の収納場所が無いんですよね。

普段はほぼ使わない(雨予報は走りに行かないし)のにメインの収納に入れてたら出し入れに邪魔だし、容量は圧迫するので専用の収納場所があるのは凄く便利なのを実感出来ると思います。

絶対に必要無い場合は、容量アップになりますね。

HenlyBegins DH-710シートバッグのレインカバーと収納

 

 

 

 

 

 

 

KumaX
KumaX
レイン装備がメイン収納の邪魔にならないHenlyBegins DH-710は助かる

DH-710 装着方法

シート部分にDH-710 付属のベルトを巻き付けるだけです。

KumaX
KumaX
シート裏
HenlyBegins DH-710シートバッグの取り付け時のシート裏

 

 

 

 

 

 

 

KumaX
KumaX
シート表
HenlyBegins DH-710シートバッグ取り付け時シート見た目

 

 

 

 

 

 

DH-710 まとめ

HenlyBegins DH-710 は簡単に取り付けられ、一度取り付ければワンタッチで脱着し持ち運ぶことが出来ます。

HenlyBegins DH-710はスマートなデザインでスタイルを崩さないし、ところどころ細かい配慮がされた良いアイテムだと思います。

まさに、日帰りツーリング用に簡単に積載量を上げれる最適なシートバッグだと思います。

KumaX
KumaX
シートバックで悩んでる方HenlyBegins DH-710を試してみてはいかがでしょうか?
快適ツーリングへ