お役立ち情報

バイク整備に必須!サービスマニュアルには何が書かれているのか?

サービスマニュアルとは何なのか?

バイクメーカーが発行している車種専用マニュアル本になります。

ざっくりいうと点検手順整備方法等がまとめられているものになります。

そんなものはバイクの購入時に付属している説明書でいいんじゃないかと思われるかもしれませんが

メンテナンス/カスタムする際に必要な情報や、分解組み立てする時の手順や注意事項に至るまで普通の説明書とは内容の広さ深さのレベルが違いすぎて比べ物になりません。

その分物理的な大きさとお値段共にビッグですけど。

今回は、Ninja400のカスタム/メンテナンスをもっと自分自身の手で行いたいと思いサービスマニュアルを購入したので、

サービスマニュアルには何が書いているのかの紹介をしていきます。

パーツリスト

サービスマニュアルとは別にパーツリストというものがあります。

バイクを構成する全パーツ情報が載っている純正部品リストです。

ヤマハ・カワサキ・ホンダのパーツリストは無料でWEB上で見ることが可能ですが、スズキ公開していないので見ることができません。

サービスマニュアルの外観

サービスマニュアル高さ:約30cm
サービスマニュアル幅:約20cm
サービスマニュアル厚み:約2.5cm

サービスマニュアルはもちろん中身が重要なのですが、この大きさを知っておいてもらいたいです。

単純にめっちゃくちゃ大きい

  • 高さ・・・約30cm
  • 幅・・・約20cm
  • 厚み・・・約2.5cm
KumaX
KumaX
家の本棚には入らなかったです・・・

サービスマニュアルの内容紹介

目次早見表

目次早見表目次早見表

まず1ページ目を見てみると、各項目に分けられた目次が並べられています。

  • 概要
  • 定期点検整備
  • 燃料系統(DFI)
  • 冷却系統
  • エンジントップ
  • クラッチ
  • エンジン潤滑機構
  • エンジンの取り出し/取り付け
  • クランクシャフト/トランスミッション
  • ホイール/タイヤ
  • 駆動装置
  • ブレーキ
  • サスペンション
  • ステアリング
  • 車体
  • 電気系統
  • 付録

概要

概要

概要には、各種作業を始める前の準備の仕方など基本的なことが記載されています。

定期点検整備

定期点検整備

定期点検整備には、点検手順について詳細に記載されています。

ここだけで6mmぐらいの厚みがあるのでかなりの内容です。

各作業詳細

分解図分解図組み立て手順
分解図各パーツ詳細分解図各パーツ詳細

これはNinja400のブレーキ分解図ですが

このように、組んでいる順番がわかるようになっており、

合わせて番号(1~)記号(B,L…)がつけられていますが、これらは締め付けトルクグリス種類ネジロック剤の有無交換部品などが分かるようになっています。

各パーツ詳細説明

このような各パーツに合わせた細かい説明ページも用意されています。

最後に

サービスマニュアルがどういったものか理解していただけたでしょうか。

サービスマニュアルにはパーツの調整や交換、分解などする際に必要な情報が全て詰まってると思います。

サービスマニュアルなんて無くても日常的な点検(オイル交換/チェーン調整など)は出来ますがっ!

でも僕は、Ninja400では足回りとかも触ってみたいと思ったので、

命に関わる部分を深く触って行くには必須だと思いサービスマニュアルを購入してみました。

個人的な事情ですが、ブログやモトブログでカスタム/メンテナンスを紹介している身としては間違った情報を伝えないようにするためにもサービスマニュアルは必須でした。

一つ問題点というか気になることとして、サービスマニュアルって結構高いんですよね・・・大体1万円前後するようです。

まぁいつか不要になったらネットで売ればいいと思います。