レビュー

バイクのシート滑り問題にノンスリップシートで滑り止め対策

バイクのシートって結構滑りません?

今乗ってるNinja400も以前乗ってた400Xもシートの表皮は滑り止め効果とか全然無くてツーリング中らよく滑ってラインディング姿勢が変わってしまうので困ってました。

ずっとこの問題は放置していましたが、今回はその悩みを解決するバイク用品を見つけたので紹介したいと思います。

ゲルザブシートという選択肢

ちなみに私は長距離ツーリングする時はゲルザブシート使ってるんですが、あれってクッションでお尻の痛みを和らげる以外に表皮が滑りにくい素材なので滑り止め効果もあるんです。

でも長距離ツーリングしない時、適当に200~300kmの近場を走るぐらいなら長距離ツーリングに備えてお尻を鍛えるためにゲルザブシート使わないんですよね。

だから冬場の今の季節とか長距離ツーリングに行かないんで最近特にお尻滑るのをよく感じてます。

長距離ツーリングに一番有効なのはやっぱりゲルザブだと思う理由ツーリング楽しい!走れば走れるほど楽しくなってきますよね。 でも・・・楽しさに比例して疲労も溜まっていきます。 私は年間何十...

デイトナ:ノンスリップシートとは?

表面が滑り喰い素材になっているシールです。

これをシートに貼り付ければ設置面が滑りにくくなってお尻滑り問題の解決に効果があります。

ハニカム形状のシールが12+3個ハニカム形状のシールが12+3個(赤枠で囲んでみました)

大きさ約3.2×3.7cmが12個とそれの半分が3個あります。

私はハニカム形状にしましたが形は数種類あって〇とかサクラの形とかいろいろあります。

実際に貼り付けてレビュー

マスキングテープでライン取りマスキングテープでライン取り

何も目印無く貼り付けたら左右非対称になるかなと思ったのでマスキングテープでラインを引いくことにしました。

着座位置に貼り付け着座位置に貼り付け

まずは2ヵ所貼り付け、左右対称になってる・・・?

追加でさらにライン引いて貼り付け追加でさらにライン引いて貼り付け

シート形状に合わせて少し内側にさらに2ヵ所追加しました。

少ない枚数で効果感じれれば良いと思うので、とりあえず4ヵ所の状態で1回目の試走を始めました。

4ヵ所テスト感想

実際走ってみると後ろの2ヵ所はお尻とあまり設置してなかったようでした。

前の2ヵ所分しか効果を発揮しなかったためか少し滑りにくくなったかなと言った程度で効果を感じるかどうか微妙でした。

これだけでは足りないと思ったのでさらに前側に2ヵ所追加して走ってみました。

6ヵ所走行後の感想

6ヵ所貼り付け6ヵ所貼り付け

4ヵ所と比べて滑り止め効果をしっかり感じるようになりました。

あくまで体感ですが今までは1時間中5回ぐらいお尻直してたのが2回ぐらいに減った感じです。

効果的には満足したのですが、あと少し増やしたらどうなるかなと思いさらに2ヵ所追加してみました。

8ヵ所走行後の感想

8ヵ所貼り付け8ヵ所貼り付け

ニーグリップした時より内股部分でしっかりグリップできるようになるかなっと思って前方サイドに貼り付けてみました。

街乗りで適当に走る分にはほぼ効果感じないですが、コーナー曲る時よりしっかりバイク掴めるようになって少し良い感じになりました。

総評

試す前はこんな小さいの適当に貼り付けるだけでは滑り止め効果あんまり感じないと思ってましたが意外と効果抜群でしたね。

ではこれオススメかというと効果的には満足なのですが・・・思ったことがあって。

やっぱ見た目ダサイ!想像してたよりダサイ!

この前バイク用品店行って他のバイクと並んでるの見てハッキリ感じたんですけど、これ貼り付けてたら自分のバイクめっちゃイモっぽく見えたんですよね。

ではお尻すり問題をどうするのかというと、シートの表皮を滑り止め効果がある物に張り替える方法もあると知りました。

調べてみると表皮を変えるだけなら1万円もあれば出来るようで、他に施工内容としてあんこの素材をゲルザブのジェルに変えたりもできるようで面白そう。

表皮張り替えは価格と期間(約1ヵ月待ち)が結構かかりそうなのがデメリットですかね。

低予算で手軽に滑り止め効果を得たい人は今回紹介したノンスリップシートがおすすめです。

YouTube動画

Youtubeに動画も投稿していますので、宜しければご覧ください。